忍者ブログ
2018 06
≪ 2018 05 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302018 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

2017年5月14日(日曜日)の隊集会は「工作」でした。

毎年、木工作品を作るのですが、今回はJrリーダー(ベンチャー隊の高校生)が、プログラムの企画段階からアイデアを出してくれて、電気ものをプラス。LED、スイッチONOFF、センサー!
役にも立ち、みんなでゲームできるものにしてみようと!!!

今回はインストラクターとして、プロ(といっても団委員長ですが)に指導してもらいました。自作の完成品を見せながら、今日の流れの説明中。


そして道具の正しい使い方を説明してくれます。
ノコギリ、カナヅチ、サシガネ、、、新スカウトにとっては、初めて使う道具かもしれません。


釘はまっすぐ打つ!でも曲がったらどうするか?


続いて、Jrリーダーが電気回路についての説明です。


材料は、組長がリーダーも元に取りに行き、組員に配ります。
さぁ、木の長さを測って印をつけるところからスタートです。


ノコギリは切り始めが難しいので、リーダーがサポートします。
切り口も斜めになってしまうし、同じ長さのパーツにするのは至難の業です(笑)


集中しているときの顔ですね。真剣ですね。
 

まっすぐ打ちたい!!!真剣な目つきです。


パーツが組み上がってきました。


木の箱が出来上がったら、配線の穴を開けます。ヤスリ棒で穴を広げる工程、電動ドリルで開けてもらう工程があります。


これが活動の風景です。
左際にベンチャー隊2人。黙々と、ひたすら半田ごての内職をしてくれています。


もう、職人のようです。


こうなることは予測していましたが、基盤を固定してもらうための行列が。。。
ずらーり並んでいますが、文句も言わず興味津々。半田づけの作業を見入っています。
カブスカウトにとって、ボーイやベンチャーの身近なお兄ちゃんは憧れの存在です。


そして、最初に2名が完成させました。


予定より完成に時間がかかり、計画していたゲームは断念して、閉会セレモニーへ。
工作の個人賞に選ばれたのは、しかスカウトです。


祝声です「おめでとう、ウォー!」「ありがとう、ウォー!」


みんな、切り傷つくったり、カナヅチで指を打ったり、大変でしたね。
最後までよくがんばったと思います。お疲れ様でした。

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








[10/14 ブログウォッチャー]
[06/17 kazubo]
[09/29 名無しさん]
HN:
吹田第9団:長渡信子
性別:
男性
自己紹介:
このWeb内容掲載責任者
カブ隊隊長:菅田美彦

所属:日本ボーイスカウト大阪連盟
吹田第9団